昭和 戦後〜成長期

源作の長男=青木崇は、復員して昭和21年(1945)、大洞売店でボート貸しを始めた。戦後はまだレジャーも少なかったので、日帰りの登山客も多かった。昭和24年(1949)には、貸しボートを40隻にして、昭和25年(1950)には大洞に別館を建て旅館業を開始した。

昭和20年(1645)代 佐藤愛子 度々滞在して、習作を執筆したり、友人と登山したりした。

昭和28年(1953)本館も赤城山の木を用いて建て替えた。

昭和29年(1954)(有)青木旅館設立。青木崇が社長となる。

昭和30年(1955)大洞に電気が供給され、赤城山分校開校(平成9年(1997)休校)。翌31年(1956)赤城山出身の猪谷千春がコルチナオリンピックにてスラロームで銀メダル獲得。この年大洞まで東武バスの路線が延長された。

同年本館を増築。

昭和30年(1955)映画「ここに泉あり」の撮影で今井正監督、小林桂樹、岡田英次、岸惠子など宿泊。

オーストリア・スキー学校最高技能章」表彰状
青木崇が受けた「オーストリア・スキー学校最高技能章」表彰状

昭和32年(1957)利平茶屋と鳥井峠間にケーブルカー完成(昭和42年(1967)廃止)。大沼スケート場が開設され、観光バスによるスケートブームとなる。

昭和33年(1958)地蔵岳ロープウエー及びスキーリフト運行開始(平成10年(1998)まで営業)。沼尻に電気供給。昭和40年(1965)小暮大鳥居完成。昭和41年(1966)赤城南面有料道路完成(白樺ライン)。

昭和38年(1963)3月13日 青木崇 「オーストリア・スキー学校最高技能章」を授与される。

昭和44年(1969)青木別館ドライブセンター開設(平成2年(1990)閉店)。昭和53年(1978)別館建替え。

昭和45年(1970)青木崇 全日本スキー連盟発行「SAJスキー教程」のスキーの歴史について執筆。編集・出版に関わる。

昭和50年(1975)~60年(1985)頃 田中澄江 登山で宿泊。「花の百名山」(昭和55年刊行)「新 花の百名山」(平成3年刊行)に投宿した日の事など記す。

昭和57年(1982)北面有料道路開通(平成7年(1995)南北両道路無料化)。翌年赤城温泉―小沼道完成。

昭和61年(1986)青木崇 全日本スキー連盟より永年の功績を讃え、表彰を授与される。